2011年05月30日

マウンティング(マウント)をやめさせる方法

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

犬は、人の足や腕、ぬいぐるみやクッションを使ってマウンティング行為をすることがあります犬

マウンティングとは、犬の交尾行為の代償です。

オスだけでなく、メスもマウンティングをすることがありますふらふら

我が家の母チワワもヒート期(人間でいう生理)になると、ぬいぐるみを使ってマウント行為を行ってしまいます。

マウンティングには、性的な欲求から行う場合と、自分の存在を誇示する目的で行う場合があります。

見ていて気持ちの良い行動ではありませんし、来客に向かって、外にお出かけしているときにされてしまうと飼い主は恥ずかしい思いをすることがあります。

厳しくしつけてマウント行為をやめさせるようにしましょうぴかぴか(新しい)

子犬の場合は、遊びながらマウントをしてしまうことがあります。

遊んでいる最中にマウントをするようなら、遊びを一旦中止するようにしましょう。

マウントすると楽しい時間が終わる

ということを犬に教えるのです。

成犬の場合であれば、犬にショックを与える方法が効果的です。

叱って言うことを聞くようであれば、叱るだけで十分なのですが、叱ってもマウントをやめない場合には、犬に気づかれないよう大きな物音を立てるようにしましょう。

大きな物音を立てる方法は無駄吠えをやめさせる方法を参考にしてください。

マウンティングをすると嫌なことが起こると犬に認識させるとマウント行為をしなくなるでしょう。

比較的短期間で完了するしつけなのでぜひやってみてくださいね。

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 犬しつけマスター美優 at 13:00| Comment(0) | 成犬の困ったを解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

チワワの無駄吠えをしつけよう

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

隣家の音、外を歩く人の声、犬の吠える声など家の外からは色々な音が聞こえてきますよね。

チワワは体が小さく臆病な犬ですが、飼い主を守ろうと思ったり、縄張り意識があったり外の音に向かって敏感に吠える子が多いようです犬

近所迷惑を防ぐために、犬がむやみに泣かないようにしつける必要がありますね。

外の音や気配に向かって吠えるとき、犬は外が見える場所、窓際や玄関へ行くでしょう。

犬の目線から外が見えないように柵をおく、カーテンを閉める、犬が窓際へ行けないようにするのが効果的な方法ですぴかぴか(新しい)

それでも、外が気になり泣いてしまう場合には、犬を驚かせることで泣き止ませるようにしましょう。

ペットボトルにビー玉や石、砂などを入れて投げたら音が出る道具を作ります。

犬が外の気配や物音に対して吠えたら、犬に気づかれないようにペットボトルを投げてください。

大きな音にびっくりして犬が泣きやんだら、自分のところへ呼び寄せます。

きちんと自分のところへ来たら褒めてあげましょう。

驚いた犬は一瞬泣き止むのを止めますが、再び泣き出してしまうことがあります。

その場合には、しばらく経ってからもう一度ペットボトルを投げて犬を驚かせます。

今度は呼び寄せずに犬を無視します。

再び泣けば、再びペットボトルを投げて驚かせます。

この繰り返しをして泣くのを完全にやめたときに呼び寄せて褒めてあげましょう。

ペットボトルを投げるとき、飼い主が投げているということを悟られないようにすると効果的です。

泣くと、ドンっと大きな音がする。嫌だな。と犬に思わせることが出来たら、犬の無駄吠えがなくなるでしょう。

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 犬しつけマスター美優 at 13:00| Comment(0) | 成犬の困ったを解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

お留守番を上手にさせる方法

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

チワワは小さい犬なので、飼い主さんとお出かけする機会も多いでしょう。

しかし、全てのお出かけに一緒に行くわけにはいきませんので、上手にお留守番をさせられるようにしつけておかなければなりません。

チワワのような小型犬は、飼い主さんと密着して過ごす時間が長いため、飼い主さんと離れることに不安を感じる子が多く、エスカレートすると「分離不安」と呼ばれる症状になってしまいますたらーっ(汗)

飼い主さんの姿が見えず不安で、留守番している間泣きつづける、いたずらをする子は分離不安の可能性があります。

上手にお留守番させるために「相棒」をワンちゃんに与えましょう。

食べるまでに長い時間がかかってしまうお菓子、コングを上手に活用すると良いですね。

まずは、短い時間からお留守番練習を開始しましょう。

コングなどを与えて犬のいる部屋を出ます。

部屋を出るときに「行ってくるね」「待っていてね」など声をかけてはいけません手(パー)

この言葉が、犬の不安をあおる原因となっているからです。

しばらく経って、犬のいる部屋に戻りましょう。

犬が、尻尾をふって駆け寄って来たとしても「ただいまー」「お利口さんしていたー?」など声をかけないでください。

何事もなかったように、ソファなどに座って犬が落ち着くのを待ちましょう。

犬が落ち着いたら、犬を呼び寄せていつも通り撫でたり抱っこしたりしても良いですよ。

これを繰り返し、徐々にお留守番の時間を長くしていきます。

実際にどこかへ出かけてみても良いですね。

犬のいる部屋を出るとき、出かけるときは犬に声かけをしないことを徹底してください手(パー)

離れていることが何でもない、自然なことだということを理解させることで上手にお留守番出来るワンちゃんへと成長してくれるでしょう。

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)
posted by 犬しつけマスター美優 at 13:00| Comment(0) | 成犬の困ったを解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。