仔犬のしつけ

2012年05月14日

仔犬のしつけ

私がワンコをたった1週間でしつけた方法はこちらぴかぴか(新しい)

犬のしつけで最もしやすい時期は、産まれてから3カ月までの仔犬の時期です。

とは言っても、大きくなれば難しいという事は無いので、安心して下さい。わーい(嬉しい顔)

まず、仔犬をしつけるには、その子の性格や産まれ育った環境、今の様子をよく観察し、理解してあげることが大切です。exclamation×2

特に、同じ種類だからといって、他の犬と比べたり、劣っているなどと、しつける側が不安な気持ちを持たずに長い目で見てあげるといいでしょう。目

例えば、ブリーダーの元で、母犬と一緒に2ヶ月間ゆったり育った仔犬は、ある程度しつけされているため、違う環境にも馴染みやすく、覚えが早い場合が多いです。手(チョキ)

しかし、中には、ペットショップなどで体罰によって、しつけをされて育った仔犬もいる為、人間に対し警戒心を持ち、なかなか思ったようにしつけられない犬もいます。パンチ

ですから、その仔犬が生まれ育った環境によって違ってくるので、必ず向き合って、伝えるということが必要になるでしょう。位置情報

つまり、犬のしつけで一番最初にすべきことは、主従関係をしっかり伝え、今ある環境に慣れさせることなのです。exclamation×2

犬は元々、群れで生活をする習性があるので、

・人間の手から餌を与える

・紐などで引っ張りっこをし、強さを伝える

・ダメなことをした場合は、その場で目をしっかり見つめて叱る

※ 叩いて叱ると警戒心しか伝わらないので、決してしないこと!

・褒める時は、体を撫でて褒める

など、自分が犬にとって尊敬できるリーダーとして常に毅然とした態度で、しつけるということが大切だということを覚えておきましょう。ペン

また、その犬のこれからの環境を見せ、安全であることを覚えさせます。exclamation

人間の子供ですら、毎日同じことを言い聞かせ、手に取ったり口に入れたりしながら何度も何度も繰り返して、やっと覚えるので、焦らずに伝えることが大切です。ふらふら

・視覚が弱いため、初めて見る動くものに怯えます
→ 風で揺れる葉やリードでさえ、理解できるまで時間がかかります

・聴覚や嗅覚に優れているので、匂いや生活の音を聴かせる
→ 自分の居場所やゲージなど、周りの環境に慣れるまで時間がかかります

このように、とにかくじっくりと時間を掛けて、慣らすことから始めましょう。時計

私がワンコをたった1週間でしつけた方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 犬しつけマスター美優 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。