散歩中の犬の飛びつき癖をしつける

2011年07月08日

散歩中の犬の飛びつき癖をしつける

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

来客があるとき、お散歩へ出かけた先で、犬がよその人に飛びついてしまって困るという飼い主さんも多いのでは?

我が家の娘チワワも、天真爛漫な性格のせいか、すぐに人に向かって抱っこをせがむ癖がありました犬

お散歩デビュー当時は、すれ違う人に抱っこしてもらおうとダッシュをして行くので、大変な思いをしたことがあります。

そんなときに役立ったしつけが、「待て」と「アイコンタクト」です。

アイコンタクトとは、名前を呼んだときに飼い主の目を見て指示を聞ける状態を作ることです。

犬は、外へ出ると色々な刺激から飼い主の声が耳に入らなくなることがよくありますたらーっ(汗)

待てとアイコンタクトがどんな状況でも出来るようしつけておくと、よその人に飛びついてしまう癖をなくすことが出来るでしょう。

アイコンタクトは、名前を呼んだら目を見るようしつけることから始めます。

1. 名前を呼びます。

2. 名前を呼んだとき、目を見られればご褒美のおやつをあげます。

3. 目を見られない場合は、しつけ用トリーツなどを、飼い主の目の高さに持って来て犬が目を見るようにします。

4. 目を見られたら、トリーツをあげましょう。

以上を繰り返すことで、名前を呼ばれて目を見れば良いことがあるということを犬に覚えさせてください。

我が家では、「名前+目」と言っています。

名前を呼ぶとき、アイコンタクトのとき、分けて教えているのです。

アイコンタクトが出来るようになれば、しつけというのはとても楽になりますかわいい

犬が飼い主の言うことを聞く姿勢になれるからです。

家の中で出来ることが、外で出来ないことは多くあります。

まずは、公園などでアイコンタクトや待ての練習をすると良いでしょう。

外でも、これらの指示が聞けるようになれば、よその人とすれ違うときに、アイコンタクトをし、飼い主に意識を集中させると飛びつくことがなくなりますよ。

どうしても飛びつきそうになってしまっても、待てで制止出来れば他人に迷惑をかけることも少なくなりますね。

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 犬しつけマスター美優 at 15:41| Comment(0) | 成犬の困ったを解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。