犬のアレルギー&アトピー

2011年07月07日

犬のアレルギー&アトピー

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

近年、人間の患者数が増えてきているというアレルギー。

同じように、犬のアレルギーに悩む飼い主さんが多くいるようですね犬

犬のアレルギーには、食物アレルギーや、花粉、樹液、ハウスダスト、アトピーなど人間と同じような種類が存在しています。

症状も人間と同じで、くしゃみや鼻水、皮膚への発疹などが見られます。

犬のアレルギーの原因は、免疫機能の低下と、免疫機能の制御不能です。

通常、免疫というのは外部から体に侵入してきたウィルスや細菌を攻撃するために備わっているのですが、免疫が自分の体を攻撃してしまうことでアレルギーが発症します。

免疫機能の低下や免疫不全の原因はさまざまあると言われ、はっきりとした原因はわかっていませんたらーっ(汗)

ペットのミニチュア化が進んでいることによる無理な交配や品種改良が原因の一つだと言われています。

食物アレルギーや、ハウスダスト、花粉などのアレルギーは、発症の原因であるアレルゲンを取り除くことで症状を抑えることが出来るでしょう。

厄介なのが、犬のアトピー性皮膚炎ですふらふら

人間のアトピー性皮膚炎と同様に治療法が確立されておらず、ステロイドにより痒みを抑えるしか方法がありません。

日ごろの生活で気をつけることは何ですか?アロマやハーブでアトピーの症状を抑えることは出来ませんか?

先日、アトピー性皮膚炎のワンちゃんの飼い主さんからご相談を受けました

日ごろ気をつけてあげたいのが、皮膚を清潔に保つことですぴかぴか(新しい)

人間と同様、皮膚に発疹が出てしまいますので、掻いてジュクジュクとした状態にさせないこと、肌を乾燥させないことをアドバイスしました。

ジュクジュクしたり、乾燥したりすると細菌が入り込みやすくなり、皮膚炎に発展する恐れがあります。

ステロイド以外の方法で症状を和らげたいということでしたので、簡単なアロマレシピもご紹介しました。(注:アロマは、医療ではないので完治は見込めません)

ラベンダーの精油1滴をホホバオイル5mlで希釈し患部に塗るぴかぴか(新しい)

〜応用レシピ〜

ジュクジュクし細菌感染が心配な場合:ラベンダー⇒ティートリー

アトピーによる脱毛:ラベンダー⇒ローズマリー

炎症を鎮め痒みを抑える:ラベンダー⇒ジャーマンカモミール

相談者のワンちゃんは、皮膚がジュクジュクとした状態だったようなので、始めにティートリーの精油でケアを行われたようです。

ジュクジュクした患部が治まってからは、ジャーマンカモミールの精油を使ってケアをされたとのこと。

ジュクジュクが治まるのに、2週間くらいかかりましたが、今はジュクジュクした部分はないようで安心しています。

民間療法は、方法を間違うと危険な場合もありますが、専門家に相談した上で実践される分には大きな心配はないでしょう。

辛い症状は少しでも和らげてあげたいというのが、飼い主さんに共通する思いですよねかわいい

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 犬しつけマスター美優 at 15:00| Comment(0) | 愛犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。