犬のストレスの原因と対応

2011年06月22日

犬のストレスの原因と対応

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)

人間は、ストレスが溜まることでホルモンのバランスが崩れたり、体調が悪くなったりと体調が悪くなることがあります。

犬も同様に、ストレスが溜まることで、体に変調をきたしてしまうのです犬

・無駄吠えが多くなる

・自分の手や足を舐めたり、噛んだりする(自虐行為)

・意味のない行動を続ける(尻尾を追いかけてグルグルと周る)

・ウンチが柔らかくなる

犬のストレスによる変化は上記のものが代表として挙げられます。

ストレスによる問題行動や体調の変化は、原因を判断しいち早く解決してあげなければなりません。

うちの母チワワは、ストレスがたまりはじめるとベッドの下に入って出てこなくなりますふらふら

原因は、留守番が長いときや、娘チワワにかまいすぎて母チワワが寂しいと感じるときです。

犬のストレスの原因で一番多いのが、お留守番が長い、犬をあまりかまっていないなどの、飼い主とのコミュニケーション不足ですふらふら

犬は、本来群れで生活していた動物なので、コミュニケーション不足は大きなストレスの原因となります。

また、赤ちゃんが生まれた、新しく子犬を迎えたときも、犬は飼い主を取られた気がしてストレスが溜まるでしょう。

散歩時間が短いことも、ストレスの原因となります。

大型犬や猟犬は、本能の中に走るという行動が植えつけられていますので、この本能を果たせないことが問題なのです。

自虐行為を行うと、皮膚に傷がつき血が出たり、皮膚炎に発展したりすることもあります。

精神的に、とても危険な状態だといえるでしょう。

ストレスの溜まり方は、犬種や犬の性格によっても変わってきます犬

いつもと様子が違うと感じたときには、ストレスが溜まっているのかもしれません。

原因に応じた対処をして、犬のストレスをなくすことに努めましょう。

吠える・唸る・噛む・トイレを、たった1週間で躾けた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 犬しつけマスター美優 at 15:12| Comment(0) | 愛犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。